webあんNEWS

お母さんへ
先週はお母さんへの、バースデーケーキプレゼントのご注文がとても多かった週でした。
一つは[和栗モンブラン]



お店に出している物と同じ構成で、土台は中までしっかり火を通したメレンゲ。
その上に生クリームをお山の様に絞り、愛媛県産の和栗ペーストを使って作ったクリームをたっぷりと絞り仕上げます。

〔和栗モンブラン〕の土台メレンゲと、フランス産マロンペーストを使って作っている〔モンブラン〕とでは土台のメレンゲが違うんですよ。

今、お出ししている〔和栗モンブラン〕は非常にキメの細かいミルキーメレンゲ。
見た目は真っ白ですが、低温でじっくり火を通しているので、キャラメルっぽくって、甘ったるく感じません。

今回は、15cmの大きさにお作りしましたが、ドーンっとかなりの迫力でした。


そして、もう一つは〔パリ・ブレスト フリュイ〕



シュー生地をドーナツ状に焼いて、中にはたっぷりのカスタードクリーム、生クリーム、そして、フルーツ!!
最後に、木苺のソースをかけて仕上げます。
こちらも高さがあり、季節のフルーツ盛り沢山なので、迫力満点です。

ホールのケーキは全てご予約でお作りします。
この時期はイベント続きになりますので、できるだけ早くのご予約を頂けますとご希望のケーキをお作りする事ができます。よろしくお願い致します。

お母さま方、喜んでくれたかなぁ..
焼き菓子詰め合わせ
金沢におられるお客様からのご注文で、30名様分の焼き菓子詰め合わせをお作りしました。

夜中から朝方まで、黙々とクッキーを焼きまくり、またまた黙々とラッピング。



クッキー達が次々と焼き上がって来る香ばしい香りを、一人占めしながらの作業は、シェフ冥利に尽きます。

チョッピリ早いクリスマスプレゼント。
みなさんも、サンタさんになった気分で、お友達や、お世話になった方にプレゼントにいかがですか?



クリスマス柄のボックスやラッピングもご用意していますので、お気軽にお申し付け下さい。
クリスマスアドベント菓子2017(発売中 追記あり)
今日は【シュトーレン】と【ベラベッカ】の発売日です。

あんのお菓子と一緒にクリスマスへのカウントダウンをどうぞ。


シュトーレン \2,300+税】
ドライフルーツやナッツ類が入ったドイツのクリスマス菓子です。
スパイスを使用していませんので、小さなお子さまや香辛料が苦手な方など幅広い年齢の方にお楽しみいただけます。
少しずつスライスして楽しむ場合は、きれいなナイフでカットしラップでしっかり包んで保管してください。


今年は小さなサイズもご用意しています。


シュトーレン クライネ】(完売)



ベラベッカ \2,100+税】
しっかりとスパイスのきいた【ベラベッカ】はワインにもあう大人の味です。
セミドライフルーツやナッツがぎっしりでキルシュ酒もたっぷり使います。
スライスしチーズやハムとあわせてオードブルとしても是非どうぞ。



クリスマスアドベント カレンダー \1,500+税】
(12月2日発売)
8つの窓には焼き菓子とコンフィズリーなどが入っていて、毎日違うお菓子が出てきます。
新作や定番などあれこれいろいろな味が楽しめるので、あんのお菓子がはじめての方や贈り物にもオススメです。
こちらは12月2日の発売になります。ご予約承り中。



いずれの商品も全国発送承ります。

※12月2日追記
 【クリスマスアドベント カレンダー】も発売になりました。

※12月9日追記
 【シュトーレン クライネ】は完売いたしました。
ベラベッカ
先週の【シュトーレン】仕込みに続き、今週はフランス・アルザス地方で作られている、セミドライフルーツたっぷりのシュトーレン【ベラベッカ】を仕込みました。



フランス産のセミドライ洋なしやいちじく、あんず等々ナッツも加えて、つなぎをほとんど使わずスパイスたっぷりで仕上げています。

アルザス地方は戦争でドイツ領になったり、また戻ったりと悲しい歴史に翻弄された地域ですが、たくさんのフルーツが採れ、ワインの為のブドウ畑がドーン広がるとてものどかで、素敵な所です。

シュトーレンでは使っていない、グローブやシナモン、アニスパウダーなどのスパイスをきかせて焼き上げているので、できたてよりは少し時間を置いて召し上がって頂いた方が本当の味を楽しめます。

厨房にもそのスパイスのいい香りがいっぱいに広がり、倒れちゃいそうです。

いよいよ明日から、ちょっぴり大人の味の【ベラベッカ】発売です!

プレゼントにもぜひどうぞ。
人気です
小さく可愛らしいりんご[アルプス乙女]



七飯のりんご農家さんから「こんなりんごがあるんだけど、何かお菓子に使えるかい?」と相談を受け、作り始めたのが19年前。

少しずつ少しずつ、この時期を心待ちにして下さるお客さまが増え、おかげさまで今ではトップクラスの人気者となりました。

先日、ご購入下さった方が再来店下さり、「すごく美味しかったから、もう一回食べたくて。数も少ないんでしょ?」とリピートして下さいました。

焼き菓子は見た目が決して華やかではありませんが、どこかホッとする安心感を与えてくれます。
そんなお菓子をこれからも作って行きたいなぁ…と思っています。

この【アルプス乙女のクラフティ】は数量限定なのですが、ご予約状況などから12月1週目位には終了になりそうですので、まだ召し上がっていない方はぜひ!
シュトーレン第1弾
1年って本当に早い。
最近は特に早く感じます。

今年もまた[シュトーレン&ベラベッカ]の仕込みの時期がやって来ました!



まずは【シュトーレン】から。
あんでこのシュトーレンを売り出した19年前はまだまだ知名度も低く、余り認知されていませんでしたが、今ではケーキ屋さんパン屋さんなど、各お店で色々なシュトーレンが売られていますね。

あんのシュトーレンは香ばしいナッツがいっぱいでオレンジピールやレモンピールも入り、生地はギューッとつまった感じに仕上がり、味わい深いです。

日に日に味が落ち着き、熟成されて行くのも、このシュトーレンの楽しみです。

もう少しシュトーレンを仕込んで、次はセミドライフルーツいっぱいのアルザス地方のシュトーレン【ベラベッカ】の仕込みです。
先週も
先週は感謝祭の関係もあり、3日間の営業となりましたが、お天気の悪い中、たくさんのお客さまのご来店、ありがとうございました。

感謝祭の余韻さながらの営業で仕込みも余り追い付かず、品切れの物も多数あり、ご迷惑おかけしました。

中でも、【ほっかいどうクリーム生シフォン】や【20周年 感謝セット】をお買い上げ下さったお客さまのリピートが多く、セットの中に入っていたコンフィズリーを初めて食べて、「これはっ!」とまたご来店下さった方が非常に多かったです。

にも関わらず、商品は売り切れ状態…
ごめんなさい。
また、一生懸命仕込みますので。

この時期、シェフは顔には出さず、意外とてんてこ舞い状態であります。
シュトーレン&ベラベッカの仕込みから始まり、他店ではすでに予約が始まっていると言うクリスマスケーキの決定(例年の事ながら遅っ!)、年末年始のガレット・デ・ロワや福袋の企画などなど。
コピーロボットが欲しい。
細胞分裂を繰り返し増殖したい…。
などなど、ちょっぴり現実逃避しながらの日々。

それでも、皆さんに「シェフ、すごく美味しかった!」とお言葉を頂き、それが元気の素で頑張れます!
今月は「骨折1周年記念」となるので(笑)いつも以上に気をつけて仕事に励まなければ。



お問い合わせが多い[コンフィズリー]の【ギモーヴ】や【パート・ド・フリュイ】はゆっくり仕込んで行きますので、少々お待ち下さい。

ありがたい事に「クリスマスプレゼントに一つずつ配りたい」というお問い合わせも頂いていました。感謝、感謝です。
早めのご予約を頂けますと、シェフも上手に予定を組む事ができますので、宜しくお願い致します。

なお、これから年末にむけて、不定休となる可能性が高くなります。
お休みはこのホームページでもお知らせ致しますので、ご確認下さい。

さぁ、本格的にシュトーレン&ベラベッカの仕込みが始まります!
今年も一年間の感謝を込めて、一つ一つ丁寧に全力でお作りします。
お楽しみに!
オランジェット
欠品していましたオランジェット。



今朝、仕込みました。
フランス産のオレンジピールに、これまたフランス産のチョコレートをまとわせたチョコレート菓子です。

女性に圧倒的支持を得て、毎回完売です。
お取り置きも致しますので、お気軽にご連絡下さい。
増毛より
増毛の仙北さんから届いた「ジョナゴールド」や「紅玉」たち。



ジョナゴールドを使うのは久しぶり!

早速明日はこのジョナゴールドを使ってパイかパウンドケーキにしちゃいましょう!

美味しいって幸せです!
仙北さん、ありがとう〜!
御礼・感謝祭 その1
一日から七日までの20周年感謝祭に、たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございました。

道内外からお仕事の都合をつけて、皆さんにいらしていただき、あんはとても幸せ者です。
また、たくさんのお花やお祝を頂きました。



いつもは殺風景なあんも、とても華やかになり、皆さまの温かいお心遣いに、何度お礼を言っても足りない位です。

20年間、あんを支えて下さった皆さま。
本当に、本当にありがとうございました。

立派な成人になれたかどうか、不安ではありますが、これからも、真摯にお菓子と向き合い精進して参りますので、どうか、これから10年、20年と末長いお付き合いの程、よろしくお願い致します。

20年間はとても長いようで、短かったのですが、この七日間は長いようで正直長かったです(笑)

1日1日が充実し過ぎたのか、はたまた、ご来店下さるお客さまと昔話をたくさんしたからか、一ヶ月位ずーっと感謝祭をしている感覚でした(笑)
今回から何度かに分けて、その感動の感謝祭のご報告をしたいと思います。

数ヶ月前から感謝祭に向けて、あーでもない、こーでもないと、準備を進めて来ました。
なかでも、「感謝祭だけの!!」と言う商品を何にするか、迷いに迷いながら決めたのが【ほっかいどうミルキーシュー】でした。



頭にあったのは、「The・昭和」の私が幼い頃に食べた、あの皮がふにゃふにゃしたシュークリーム。
病院に通う祖父(和菓子職人でした)について行くと、帰りに同業者で知り合いのお菓子屋さんに寄り、そこで買ってくれるのが、いつも、皮が柔らかく、クリームいっぱいのシュークリームでした。

そんな、ちょっぴりノスタルジックな思い出が詰まったクリームたっぷりのシュークリームを作ろう!と、通常使っている低温殺菌牛乳よりも、もっと特長のある牛乳を道東・中標津から取り寄せました。

厳しい自然の中、放牧され、自らの力で草をはむ牛からとった味の濃い低温殺菌牛乳で作ったカスタードクリームはまさに「北海道!!」を思わせる様に香り高く、コクのあるミルキーなクリームに仕上がりました。

この香りを生かす為、バニラビーンズも入れず、奄美大島の粗製糖と、道産の卵と小麦粉のみで作りました。
パクっとかじりつくと、柔らかいシュー生地の中にはとろーり濃厚なクリーム!!

ありがたい事に、一日からの販売で連日完売。
後半にはこのシューのリピーターさんもいらして頂き、大好評でした。

定番商品に・・と言うお声もたくさん頂きました。
シェフも大好きなシューなので、今回きりの登場はちょっとさみしいなぁ…と考え、一ヶ月に一度、日にち限定で登場させようと思っています。

まずは12月。
日にちが決まり次第、またこのブログでご案内致します。
今回召し上がっていないお客さまも、楽しみにお待ち下さいね。

さて、感謝祭報告。
次回は【ダッチパイ】のご報告でも。