webあんNEWS

まもなく
秋一番に収穫される「めんこい姫」。
日本海の潮風が香る大自然の中で育っためんこい姫達。

うす桃色の花が散った初夏、小指先ほどの青い実を付けた。



暑い日が続いた7月、めんこい姫は大きく育った。

「お元気ですか?」会いに行ったのは9月初め。
“そろそろ収穫です”とは、赤く色づいためんこい姫達。

あんNEWS NO.211より(抜粋要約)

あんのギャラリー
「お花の写真を撮るのは難しんだよね」

「撮った方のあたたかい人柄がよくわかります」

「大感動しました」

NHKのギャラリーでお客様の写真展を見て感想を寄せてくれました。

かすみ草、スイレン、クジャクチョウ・・・



どの写真も美しいです。
あんのギャラリーでお待ちしています。
あんNEWS NO.209より(抜粋)




サバランは夏のオランジュになりました。



今年は夏のチーズケーキが復活しています。

暑い日のティータイムには、しっかり冷やして夏のケーキをどうぞ。
父を想う
まだ桜の花が風に運ばれ舞う夕方、室蘭から幼なじみの友が来られました。



中学時代、学校をサボタージュして小高い丘に登り父親自慢をしあった、春の様にあたたかい可愛い方です。



和菓子職人だった私の父は、厳しく言葉少なく質素でした。
春一番の“よもぎ”を使って作る『草しんこ』の香りが懐かしい。

日本の偉大なるお父さん、ありがとう。
いっぱいの感謝を受け取ってください。

あんNEWS NO.208より(抜粋要約)

詳しいエピソードは紙面でもどうぞ。



父の日ケーキ【ルレ・ベール】はご予約承り中です。
謝りたいこと
母が亡くなって16年。
亡き母に謝りたいことがある。

「こんなの着たくない!」夜なべをして編んでくれたセーターを、6才の私は母に突っ返した。悲しい母の顔を見て大声で泣いた私。

和菓子職人に嫁いだ母は子だくさん。
寝ずに働いていたのでしょうか。

かあさん、ごめんなさい。ありがとう。
あんNEWS NO.207より(抜粋)


あんババの思い出の詳しくは紙面でお読みいただけます。



今年の母の日ギフトセットは、店頭で売り切れの多い大人気商品
パルミエが入っています。



母の日ギフトの詳しくはこちらの記事をご覧ください。

発送のご注文はお早めにどうぞ。
旅のおともにギフト発送に
春の風、南風が吹いてマーガレットが咲く空き地に緑の小さな芽が大地を破り出てきました。

旅に出ませんかと南風が誘う。

空は水色、藻岩山の山道にも小さなやわらかい芽が顔を出しております。



毎日何かと忙しく、遠く離れた友や父母、お菓子好きの姉妹や兄弟へ「お元気ですか」も言えない時がありますね。
そんな時にあんのケーキを送りませんか?



転勤される札幌市内のSさんは、クッキーとくまさんを持ち帰られ、国産マイヤーレモンのタルトとエスカルゴとびっくりシューはあとで送ってくださいとおっしゃって旅立たれました。

発送は強い味方です。お気軽にお問い合わせください。

あんNEWS NO.206より(抜粋要約)

新しい年
オープン20周年を迎える新しい年が明けました。

凍てつく大地、空、風、木々までも氷りつく日々、オーブンにスイッチを入れる。60クォートの大きなミキサーは、ぐわぁんぐわぁんとゆっくり廻っている。

厨房の中には鹿児島から届いた橙色のきんかんの香り。

さくさくと音のするりんごの香り。くぅーんと鼻が音を感じる。



オーブンの中からはアーモンドの香り。

汗する2017年のスタート。

あんNEWS NO.203より(抜粋)





今年も今週から通常営業開始です。
よろしくお願い致します。
天晴れ!
初雪の中のもみじ。

いつもお越しくださる東区のお客さまが、あんの店内に季節の花々の風景写真を展示してくださっています。



今回も目を見張る、心うれしく弾むもみじの写真です。
あんNEWS NO.202より



年末年始営業は12月28日〜1月2日までです。



年始にご予約販売いたします【アップルパイ】が必ず1台入ってボリューム満点お得な【福袋】ですが、元日分はすでに完売いたしております。

1月2日分も残り少なくなって来ていますので、ご購入予定でご予約されていない方はお早めにどうぞ。
19周年です
シュトーレンを焼く香りに包まれ、あんNEWSを書く準備をしました。
ベラベッカの原材料、セミドライの洋なし・プルーン・オレンジピール・・・etcの一つ一つの光輝くさまを見つめあんNEWSを書いています。

大自然の恵みをいっぱいに詰め込んだシュトーレンとベラベッカ。
厨房と店舗に漂う幸せな香りの中で19周年を迎えます。



あんはいつもバターの香り、小麦粉一粒一粒に火を通す香り、卵、りんご、フルーツの香りの中で歩んできました。
"おいしい”の笑顔にたくさんお会いして、幸せの19周年を迎える事が出来ました。

本当にありがとうございます。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

お客様のお一人お一人にハイタッチです。
あんNEWS NO.201より(抜粋)




あんババが振り返る「ハイタッチ」エピソードは紙面でどうぞ。
ちいさい旅
「りんごの花が満開です」の便りが届いた。
余市町のりんご畑には白いりんごの花、うす桃色のめんこい姫のりんごの花が天を仰いで咲いていた。水色の五月の空を仰ぎ咲くりんごの花を【ほっかいどうフィナンシェ くまさん】と共に仰ぎ見る。



カメラと一緒にカバンの中で車に揺られ小さな旅を楽しんだ、2つのくまさん。「可愛い花だネ。美しい花だネ。」と話していた。



大手航空会社のビジネスクラスのおやつに選ばれました。
アメリカ、ヨーロッパの空を飛び、国内外の多くのお客様に喜んでいただいた空とぶくまさん【ほっかいどうフィナンシェ くまさん】は、道産小麦、道産バター、道産はちみつ、道産砂糖、を使った美味しさいっぱいのくまさんです。

あんNEWS NO.197より(抜粋要約)




ご自宅用に贈り物に手土産に、ギフトセットはご用途やご予算にあわせてバリエーションを揃えております。
お父さんありがとう
父の日が近づくと思い出す父の姿。

和菓子職人だった父は朝早くラジオのスイッチを入れ、NHKのアナウンサーの声と共に仕事を始めた人でした。
「昼の憩い」のメロディが流れると茶の間で母の作った昼食をとり、その姿はいつも大きく物静かな人でした。365日休まず働き晩酌2合を楽しむ人でした。



夏の暑い日。突然「海に連れていく!」の父の声に、私と妹二人はキョトンとして次には跳ね上がり大喜びした。
母の作った鮭のおにぎりを小さなリュックに入れ妹二人の手をつなぎ、うれしく「海のうた」を歌い父の背中を追いながら歩いた。6歳の私。
生まれて初めて汽車に乗り今はもう無い室蘭の「陣屋海水浴場」。

キラキラと輝く大きな海は波も無く鏡のようだった。

あんNEWS NO.196より(抜粋)

あんばばの優しいお父さんとの夏の思い出の続きは、店頭配布中の紙面で是非どうぞ。

◆父の日は6月19日(日)◆



今月の19日は父の日ですね。
あんの父の日限定ケーキ「ルレ・ベール」は、あんでは数少ない和風テイストの「抹茶のロールケーキ」です。
6月17日〜19日のお渡しで、ご予約受付中です。



限定商品の【パパパイ】や旬の食材を使った【プチキッシュ】など、甘いお菓子が苦手な方にも召し上がっていただけるような商品もあれこれご用意いたします。