webあんNEWS

先週のNo.1

先週、発送とご来店のご注文・ご予約数で見事No.1の座に輝いたのは、何と!
写真の[ガトー・バスク]でした!!

これはシェフにとって、本当に嬉しく、かなりの涙ものです。
ありがとうございます。

このケーキはスペインとフランスの国境近くのバスク地方で古くから伝わる伝統菓子です。

ホロホロとしたバター生地にこの地の名産品であるさくらんぼのジャムを詰めて焼き上げるのが伝統的なのですが、今ではカスタードクリームを詰めて焼き上げる物も多く作られています。

あんのガトー・バスクも後者の作り方でラム酒をほのかに利かせたカスタードクリームをたっぷり詰めて焼き上げています。

見た目が茶色でどちらかと言えば、華やかさに欠ける為か、発売当初(オープン当初から作っていました)は全くと言っていい程、お客さんには見向きもされませんでした。

がっ、しかし!

素朴ながら味わい深いこのケーキの美味しさを皆さんに知って頂きたく、めげずに20年間作り続け、皆さんにご指名頂けるまでになりました(涙)

今では、発送のご注文も多く、店頭でも「これ、予想以上に美味しかった!」と言って頂けて、シェフも感涙に溺れそうです(^O^)

お誕生日ケーキとクリスマスケーキを毎年このケーキで迎えて下さるお嬢さんもいらしたりして、嬉しすぎるシェフです。

オーブンの中でじっくり1時間焼き、冷めたら冷蔵庫で1日ねかせ、それから2日ほど経つと味も落ち着いてきます。

じっくり、じっくり時間をかけて味わい深くなって行くガトー・バスク。
パリではほとんど見かけた事はありませんでしたが、北の都・札幌でこれからもじっくり作り続けます。

ありがとうございました。

PS 秋冬限定で[ガトー・バスク・キャラメル]と言う濃厚なバージョンもお作りしています…
まだまだ焼き菓子
連日、暑いですね。

「何だよ、急にっ!」と思っていましたが、去年の日誌には同じ時期「29℃!!」の文字が…

去年も同じ時期、同じ思いで仕事をしていたんですね、全然忘れてました(ToT)

来週納品で、焼き菓子詰め合わせのご注文を頂き、せっせと仕込みをしています。

外気温が高いと、もちろん厨房の温度も上昇。
そこに背中にオーブンを背負い、フル回転にクッキーを焼き続けると、まさに「カチカチ山のタヌキ状態」になります

「あっ!タヌキがクッキー焼いてる!」そんな図を思い浮かべ、一人ツボにはまってました。




「あらっ?こんなクッキー見た事ないけど?」
と思われた方、そうです、ヴィエノアシリーズの新作です。

道産の発酵バターを使って、香り高く焼き上げた【ヴィエノア】は人気も高く、冬場に登場した色々なチョコレートをつけたシリーズも大好評でした。

でも、こう暑くなって来ると、チョコレートをつけた物は溶けやすいので、年中気温に左右されない様に生地自体にチョコチップを混ぜ込んだ物と、がっちりココアパウダーをいれてビターに仕上げたもの2種類を新たに製作。

どちらもフランス産ヴァローナ社のチョコとココアを使っています。

「味見、味見っ」と言いつつ止まらない味見。

ヴィエノア、最強です!
豪華!マロンシフォン
マロン好きの方にはたまらない、【マロンシフォン
お誕生日ケーキでのご注文でした。



シフォン生地にもマロンペーストとマロングラッセを混ぜ込みフワフワに焼き上げます。

生地だけでも充分美味しいのですが、お誕生日にはモンブランペーストも飾って豪華に仕上げます。

今日は暑くて、さっぱり系のケーキに目が行きますが、冷たいドリンクとこんなマロンの濃厚なケーキもオススメです。

お誕生日ケーキやお祝いなどのホールケーキは全てご予約でお作りしていますので、お日にちに余裕をもってご相談下さい。宜しくお願いします。
こんな日は
急に暑くなりすぎです。
すでに20℃を軽くこえている様ですね。



でも、こんな暑い日は!
国産マイヤーレモンのタルト】に決まり!!

サクサクのタルト生地に甘酸っぱいレモンクリーム。

爽やかな酸味が暑さなんか吹き飛ばしてくれるはず(^O^)

そろそろ、いちごをたっぷり使った【フレジエ】も終了となります。



パステルカラーのケーキで、気分爽やかに。

ご来店、お待ちしております。


ありがとうございました
先週もたくさんのお客さまのご来店、ありがとうございました。



日曜日が母の日と言う事もあり、限定商品の【ルレ オ プラリネ】や【パン ド ジェンヌ フィグ】をたくさんの方にお買い求め頂きました。

真っ赤なカーネーションの鉢植えを手に、「ケーキも一緒に」とご来店頂いた20代前半の息子さん。

自転車で慎重に帰られる後ろ姿が、とても印象的でした。
「お母さん、涙しちゃうなぁ…きっと」

来月は、大切な大切な「父の日」がありますよ、皆さん!(^O^)

[父の日限定ケーキ]などをまた後日、ご紹介いたします。
大切なお母さんへ
日曜日はいよいよ「母の日」です。

毎日朝から晩まで忙しいお母さんへ、ホッと一息ティーブレイクの時間をプレゼントしませんか?



そんな時間にぴったりな、クッキーやくまさんフィナンシェなどを詰め合わせて、ご予算に応じてご用意しています。



「いつもありがとう」の言葉とともに。
焼き菓子い〜っぱい!
昨日、今日の二日間は朝からオーブンフル回転でクッキーやくまさんフィナンシェ、パルミエをガンガン焼き続けています。



生地作り→オーブンへGO→冷めたらラッピング→箱詰め→発送を限りなく一人黙々と作業していると、正に「日々修行」と思います。

焦ってはダメ、きちんと生地の状態、焼き色、香り、どんな時も五感を研ぎ澄ませて作業する事。
これ鉄則!!
パティシエを目指して入学した学校で最初に教えもらった事は、やっぱり鉄板で基本でめちゃくちゃ大切!!

色々な事を思い出しながら、「しっかり大切に!」と黙々作業をするこんな時間も大好きなシェフです。

今日は大阪のお客さまから頂いたパティーで使う焼き菓子詰め合わせのご注文商品を発送。喜んでいただけますように。

作業はまだまだ続きます。
リニューアル チーズケーキ
しばらくお休みをしていました【よくばりチーズケーキ

タルト生地を土台にスフレのチーズケーキ、レアチーズケーキと3層になったチーズケーキ好きの方にはたまらない「よくばり」なチーズケーキです。



今回は使用するクリームチーズを、よつ葉乳業さんの「北海道十勝クリームチーズ」に変更。

レアチーズに使うレモンは三重県産のマイヤーレモンを使用しました。

このチーズケーキは礼文島にある喫茶店「談」さんからもご注文頂き、時々発送しています。

他にもシュークリームなども送っているのですが、この【よくばりチーズケーキ】が大人気なんだそうです。

これから礼文島も本格的な観光シーズンを迎えます。

もし、旅行に行かれる計画がある方はぜひ、談さんにもお寄り下さいね。

とっても楽しいマスターと奥さまの仲良しご夫婦がこれまた楽しいお話を聞かせてくださいますよ!

もちろん、あんにもぜひ、いらして下さい。
今週末は「母の日」です。

日頃の感謝と共に、あんのケーキを。

ご来店、お待ち致しております。
励み
お誕生ケーキのご注文は、お電話でももちろんご予約頂けます。

先日、゛ご主人のお誕生ケーキを゛と言うご相談でお電話を頂き、ご希望とご主人の好みを伺い、この【ガトーマロン】をお作りしました。



原型はクリスマスに作る【ブッシュ ド ノエル マロン】で、男性の圧倒的支持率に押され、バースデーケーキバージョンにして通年でもご注文お受けする様になりました。

ココアを使ったチョコレート生地のスポンジに生クリームとマロングラッセをサンド。

上部にはモンブランペーストをぐるぐるぐるとデコレーションして仕上げます。

生地に染み込ませたラム酒の香りが何とも言えない大人テイストです。

土曜日にお客さまにお渡しし、日曜日にはわざわざ「主人にも大好評でとっても美味しかったです!」とご報告にいらして下さいました。

あんのお客さまは皆、とても心あたたかく、お手紙やお電話、FAXなどで「美味しかったぁ〜!」と感想をよせて下さいます。

その皆さんの一言、一言が本当にありがたく、支えられ、勇気づけられ、励みになり、私の原動力になっています。
ありがとうございます。

学生の頃、「一年に一度のお誕生日やお祝い事に、ケーキを作り一緒に喜べる私達の仕事はとても幸せな職業なんです」と先生に教えられた事を思い出していました。

Happyが何倍にもなる。
お客さまが与えて下さるHappyを大切にこれからも仕事に向き合います。

皆さま、いつもいつも、ありがとうございます。
洋風どら焼
「あの〜、なんだっけ、ほら、どら焼みたいなお菓子」とお客さま。

んっ!どら焼っ??

「ほらっ、茶色い焼いた生地にクリームを挟んだお菓子…」

「どら焼、茶色い生地…あ〜!ダクワーズですねっ!」
とつい先日のお客さまとの会話です。

「洋風どら焼」と言えるかも!



アーモンドパウダーをたっぷり使ったサクッモチッの生地にバタークリームをベースにしたクリームをサンドします。

コーヒーやアーモンド、チョコレートなどの種類がありますが、今日は「コーヒー味」

私も大好きなので、あんのダクワーズはちょっぴり大きめ!(笑)
満足感が違います。

コーヒーや紅茶などのお供に、お土産に、ぜひ!