webあんNEWS

ギモーヴ
ふわふわ、もちもちのちょっと変わった食感の【ギモーヴ】



果汁とお砂糖、ゼラチンが主な材料のマシュマロです。

三重県産のマイヤーレモン果汁を使って作りました。

もうすぐ完成です♪
出発!くまさん
我が故郷、室蘭のお客さまからのご注文で、たくさんのくまさんを発送しました。

昨日は、その他にも「大切な方にプレゼントしたいので」とやはりくまさんのご注文を頂き、朝から一人黙々と焼き、黙々とラッピング。

無事に発送する事ができました。

北海道産の豊かで美味しい小麦粉やバター、はちみつをたっぷり使っているので、「本州の方への贈り物にはピッタリです!」といつも使って下さる男性のお客さま。



皆さんのおかげで、くまさんの旅は終わる事なく、私が行った事がない街や国を旅しています。

本当にありがとうございます。

皆さんのお顔を思い浮かべながら、今日もくまさんをこんがり、香り豊かに焼き上げますっ!
コンフィチュール フレーズ
珍しく、とっても珍しく、いちごのジャムを作りました!



シェフの頭の中にある[いちごジャム]の記憶の味。

保育園児だった頃にお友達のお家で食べたいちごジャムのおいしかった事といったら!

お昼に食パンをかる〜く焼いて、マーガリンをぬって、たっぷりのいちごジャムをのせてくれました。

きっと、お友達のママの手作りだったんだと思います。

あの時の記憶の味に勝るいちごジャムを作りたくて、夜中、銅鍋の前でグツグツ、グツグツ作ってみました。

いちごと粗製糖、最後に国産マイヤーレモンの果汁を入れて仕上げています。

明日になったら、私もトーストにのせて食べてみよう…
楽しみっ!!
エクレール・カフェ
細身のジーンズに洗いさらしの白いシャツ。

金色の長い髪をなびかせながら、片手にはエクレールを持ちコツコツとハイヒールの音を響かせてパリの街を早足で歩く。

そんなかっこいい女性を留学時、フランスで何人も見かけました。

19歳だった私と仲間達ははあまりのかっこよさに同性ながら「倒れちゃいそうだね」とワイワイキャーキャー騒いだ事を思い出します。

アイスクリームを食べていても、夕食用のバゲットを歩きながらパクッと食べちゃっていても、かっこいい!

フランスにはそんな刺激もあって、今、とても懐かしく思い出されます。



「Bonjour!ボンジュール」が可愛らしく言える様になったら、私もエクレール片手にかっこよく歩けるかしら。

このエクレールを作る時、そんなフランスでの光景を必ず思い出します。

そして、それは必ずコーヒー味。
なぜかチョコレート味ではないのです。

コーヒー味のカスタードクリームをパンパンに詰めて、表面にはこれまたコーヒー味のフォンダンをたっぷり。

「今日、仕事が終わったら食べたいケーキNo.1だな」そう思う回数が多いシェフが大好きなケーキの一つです。

昔ながらのシンプルなエクレアですが、味わい深いです。
皆さんもぜひ、召し上がってみて下さい。
さくらんぼのケーキ
ジューシーな大粒のダークチェリーを使った【さくらんぼのケーキ



「いつから始まりますか?」とのお問い合わせを頂いていました。

本日から発売です。
こんがりくまさん
「あっ!笑ってるみたいだぁ!」



今までに何万個と言う数を焼いて、見慣れているはずのくまさんのお顔もやっと穏やかな暖かいお天気になったせいか、そんな風に見えました。

大手航空会社さんのビジネスクラスの提供品としてヨーロッパなど各国を旅したくまさん。

お陰さまで今も皆さまにかわいがって頂き、色々な所へ旅を続けています。

「この時期のおつかい物を考えたら、やっぱりくまさんが一番かなぁって」とお客さま。

大変ありがたく、感謝感謝です。

アーモンドパウダー以外は全て選りすぐった道産材料を使って作っています。

ご贈答用として、ドライブのお供にも、ぜひどうぞ。
ふわふわシフォン
3月も末に連日の雪で26cmの降雪量って……

室蘭育ちの私には「信じられな〜い!」光景です。
今日は少し暖かくなるそうですが、本当かっ!?

こんなひどい道路状況の中、ご来店下さった皆さま、ありがとうございました。
中には旭川からいらして下さった方もおられて、感謝感謝です。
無事、ご帰宅でしょうか。



久しぶりに【北海道クリーム生シフォン】のミルクティ味を焼きました。

ホワイトデーにはホールデコレーションを限定でお出ししましたが、お陰さまで大好評頂きました。

こちらのプチサイズを作るのは久しぶり。

ミルクティ味のシフォン生地にたっぷりのクリームを絞り込んでいて、年代問わず人気ですので、気軽なお土産にと引っ張りだこなんですよ、実は(笑)

卒業や入学などでお宅訪問をする事が多くなるこの時期、
お土産にどうぞ。

PS
写真は焼き上がったばかりのシフォンです。これからクリームを絞り込んで…とシンプルに仕上げます。
ポワソンダブリル
お魚ちゃんに見立てて、パイ生地のケーキを作りました。



エイプリルフールの事をフランスでは[ポワソンダブリル]と言います。

この日の前後、お菓子屋さんのショーウインドーにはチョコレートで作ったたくさんのお魚が飾られます。

シェフがフランスへ留学した時がちょうどこの時期で日本とまるっきり違う文化、ショーウインドーの華やかさにびっくりしました。

どうして魚?
と不思議に思いますが、それには諸説あるようです。
この魚は「さば」の事でこの時期はバカみたいにさばが釣れて、
「おばかな魚ちゃんねぇ〜、騙されて釣れちゃうんだからぁ〜
と言う感じでエイプリルフールにつながる…と言う説も。

詳しくはわかりませんが、かわいいし、美味しいし「まっ、いいかっ(笑)」

ちょっとずつ魚ちゃんの形を進化させながら(笑)4月2日までの期間限定販売の予定です。

この時期、フランスではイベント続きなんですよ。
特にチョコレートで色々な動物を型どって作ったり。

そのお話はまた次回。

かわいらしい魚ちゃん、召し上がってみて下さい。
お出迎え
4月1日はエイプリルフールですね。

フランスでは「ポワソンダブリル」と言って、街中のお菓子屋さんにはチョコレートでできた色々な形のお魚が並びます。(なぜ、お魚?
と言う事には諸説ありますが、それはまた次の記事で…)



シェフも昔の荷物をゴソゴソ探し、お魚ちゃんの型を引っ張り出して作ってみました。

にこやかな笑顔をして今日からお客さまをお出迎えです。
ボンボン・スリーズ
今季最後の【ボンボン・スリーズ】を仕込みました。



余市産の大粒な高級さくらんぼ「南陽」をドイツ産キルシュ酒に漬け込んでいる保存瓶をお店に飾っているのですが、お客さまがそれを見て「これ何だ!!」と驚かれるほど、さくらんぼはお酒をすってパンパンッ!

そのさくらんぼにフォンダンとチョコレートをつけて仕上げます。

ありがたい事に、年々ファン層を広げて行っている様に感じます。

今回は50粒程の数です。

おかげさまで前回仕込み分もあっという間に完売となりましたので、お好きな方はぜひご予約を!!

本日仕込んだばかりですので、1週間〜10日間位経ってからの方が食べ頃です。