webあんNEWS

アマンディーヌ
タルトの基本中の基本…と言った感じでしょうか。

タルト生地と中に詰めるアーモンドクリーム、表面に飾るアーモンドスライスと焼き上がりに塗るアプリコットジャム。

基本的にはこの4つで構成されていますが、そのお味は当たり前ですが、お店それぞれ。

あんのアマンディーヌにはちょっぴり隠し味が入っています。



タルト生地の小麦粉一粒一粒に火を入れるイメージで、こんがり日焼けしたきつね色に焼き上がったアマンディーヌを見ると、心がほっこりして、いつも自然と笑みがこぼれます。

色々な味のムースを重ねて彩る素敵なケーキも大好きですが、一人ゆっくり椅子に座り、景色を眺めながらカフェオレをいただく…なんて言う時間がとれたら、シェフは間違いなく、このアマンディーヌを選びます。

何年か前、柴田書店さんの取材をお受けした際、このアマンディーヌについてもお話をしました。
取材後、編集部の方々に「アマンディーヌ旋風」が起きて、皆さんが色々なお店を食べ歩いている…とお聞きしました。

「でも、あんさんの支持率は異常に高いですよ」とおっしゃって頂き、とても励まされ、自信に繋がったのを思い出していました。

古典菓子ですが、味わい深いいいケーキです。