webあんNEWS

ガレット・ブルトンヌ
フランスの西北、ブルターニュ地方で生まれた厚みのある焼き菓子です。



その昔、ブルターニュ地方は外国船の出入りが多かった為、裕福な貴族達が多く住み、食文化も発達したそうです。

このガレットも近くのノルマンディー地方で作られる良質なバターをふんだんに使って作られていて、その豊かさがよくわかります。

今回はフランス・エシレの有塩発酵バターを使って焼き上げました。

レシピではラム酒を香り付けに使う物が多いのですが、純粋にバターの芳醇な香りを楽しんで頂きたく、あえて引き算をして、使わずに作りました。

表面はカリッと香ばしく、中はしっとりほろほろとくずれる感じに焼き上げます。

久しぶりなので、少し緊張しながら作りましたが、側面もきれいな焼き色がつき、美人さんに焼き上がり、ホッとしました。

ギフトとしても大変人気な商品です。

ぜひ、お試し下さい。